タカネマツムシソウ(まつむしそう科)
8月中旬

過ぎ行く夏は、八方尾根に別れを告げていくように、
八方池周辺を薄紫色に染めあげます。

澄み切った空気が稜線をハッキリと映し出し、
峰を越えてきた秋風が大輪の花の頭を
揺らしてゆきます。

  フラワーガイドマップへ戻る